めざせMJ! MY BOOOOM!

マイブーム日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

長らくのご無沙汰でした。

しかし、幼少時より日記の類など夏休みの宿題以外に付け
たこともなかったわけで、このほぼ月イチ更新という、まったくのやる気の無さもい
たしかたないのかと自分の中で納得している今日この頃です。
そういえば、マイブームとかタイトル付いてる割にはさっぱりそんな話しもしてなかっ
たような気もしますね。
というわけで、今回はもうかれこれハマって15、6年になりますか、最近の自分のブー
ムの中核を成しているアメリカンコミックとアクションフィギュアについてお話しし
てもようと思います。

1.スーパーヒーローズとの出会い。
1990年頃当時なんですが、ちょうど映画バットマン公開くらいでしたかね?徐々に認
知されてた時期とはいえ、私も普通にスーパーマンやスパイダーマン、ハルクなど、
有名なキャラクターぐらいしか知らなかったんですな。
そんな中、特にアメコミに興味を持ったきっかけというのは、また別な機会にお話し
ようと思うのですが、これまた最近までのマイブームだった「TVゲーム(というより
セガハードのゲーム)」に端を発しています。といっても、巷で有名なカプコンの対
戦格闘物(X-MENとかマーブルスーパーヒーローズ)ではなく、それより大分以前、
家庭用マシンで言うところの、スーパーファミコン、メガドライブといった16ビット
機全盛時代、伝説のメーカー、「データイースト」よりリリースされたアーケードゲー
ム「キャプテン・アメリカ&アベンジャーズ」といういわゆるファイナルファイトタ
イプのベルトスクロールアクションゲームでした。
これの家庭用マシン移植版を入手したのがきっかけです。このゲームの移植版は国内
発売されておりませんで、当時、大のデコ(データイーストのこと)ファンだった私
は、このゲームのジェネシス(米国版メガドライブ)版が欲しくて、わざわざ秋葉原
まで出かけて行ってやっと手に入れたんですが、もう独特のキャラクター(とくにビ
ジョンの動き)、世界観(アメコミ独特の各キャラクターの存在する世界観を統一し
ているので、登場人物がやたら豪華だったりする)、セリフの格好良さ(AVENGERS
ASSEMBLE! アベンジャーズ集合!とか)・・・等々これにかなりの衝撃を受けました。
英語版というのもあって、詳しい設定とかはさっぱり分からなかったんですが、これ
詳しく知ったら、もっと楽しめるんだろうなあとか、元来おもちゃ属性があったため
に、これの主役4キャラとか、立体物で欲しいなあとか思っておりました。

2.X-MEN
この頃、私の大の親友でセガゲー仲間のIという男がおりまして、こいつが怪獣と洋
ゲーが大好きだったんですが、このゲームもこいつに自慢したくて入手したようなも
んだったんです。そしたら、なんとこの男、上記ゲームの主人公、「キャプテン・ア
メリカ」のアクションフィギュアを持っていたんです。これは、最初の「マーブルスー
パーヒーローズ」のシリーズの物で、他にハルクやスパイダーマン等持っていて、そ
んなの出てることすら知らなかった身としては、自慢しようと思って逆に羨ましがる
という結果になってしまたんですな。
彼女のグアム旅行土産だそうで、当時は国内でも、つって地方だからでしょうが、ア
メリカ物扱っている雑貨屋か古着屋くらいしか置いてないであろう品だったんです。
さらに、このマーブルヒーローズシリーズと同じメーカー、トイビズが同スケールで
展開していたX-MENのシリーズをタカラが国内販売していて、彼はそれも持っていた
んです。(トータル10体くらいでしたか)造形的には現在の商品と較べるとまあアレ
な感じですが、見慣れないアメリカンコミックのキャラクターフィギュアがとても新
鮮で、非常に羨ましかったのを覚えています。
これらいわゆるトイビズ5インチ物が私のコレクションの中心なのですが、可動、ギ
ミック、ディティール、プロポーションのバランスが(個人的な基準ですが)とても
優れていて集めやすいサイズで大のお気に入りです。(現在はワンサイズ大きな6イ
ンチに移行してしまいましたが)
ハイパーホビー創刊号に載ったX-MEN特集でアメリカで発売されてるX-MENが5、60体
載っていて、うわあ、これはスゴイなあこんなにたくさんのキャラクターがいるのか・
・・ヒーローだけじゃなく、敵キャラも出るんだなあアメリカって・・・とかとか。
(後にフルコンプしようとはこの時夢にも思わなかったですが)
当時、ニンジャタートルズで一発当てたタカラが続いて展開していたX-MENは、アニ
メ放映や、小学館プロダクションがコミックスの翻訳版を発売したり、徐々にブーム
の兆しを見せようかといった時代で、当然、原作にあたる、その小プロの翻訳版コミッ
クスも集めまして、今まで勝手に思っていたアメリカンコミックスの単純でワンパター
ンだというイメージを覆すそのスケールの大きさ、豊富な登場人物、緻密な設定、数
十年ごしの伏線、各タイトルの看板キャラクターが一同に集うアメコミならではのク
ロスオーバー作品等々、多大な感動ををうけて、更にどんどんハマっていくわけです。
未だに小プロ時代のX-MEN(ジム・リー~)は私の最も好きなアメコミ作品です。現
在小プロはアメリカンコミックスの展開は辞めてしまいましたが、その後に残した功
績は偉大だと思います。また復活しないかなあ。(ジャイブは高くて・・・)

3.輸入おもちゃ屋さん~ブームとその後~
そんなタイミングで、ちょうど後に一大バブルを築く、スポーンの第一弾がリリース
される直前頃でしょうか。こちらの地元にも小さな輸入おもちゃ屋がオープンしまし
た。
「パストマスターズ」という、駅裏で週末だけオープンするお店で、まだ本格ブーム
以前に地方で立ち上げたパイオニア的ショップで、毎週のように通いました。
最初に買ったのが、やはり前述の「キャプテン・アメリカ」の主役4人の一人、アイ
アンマン(スペースアーマー)で、ちゃんとしたアメリカ物のブリスターパックを見
るのは、これ買った時が初めてだったんですが、バラで入っているメッキパーツなど
なんか舶来品な感じで目新しくて新鮮でした。
後に場所を移して営業日もフルになり名前も「ウェイバック・ミサイル」と変えて仙
台では老舗として頑張っていたのですが、今はもう閉店して久しいです。
スポーンで一気にブームになり、普通のおもちゃ屋、模型屋などで取扱うようになり、
商品点数も増えたのはいいのですが、ブームというのは過ぎ去ると悲惨なもので、そ
の頃は「激ヤバ・即ゲット」なんて言われて、数万もした物がリサイクルショップで
数百円でも買い手が付かないのを見るのも寂しい限りです。

4.現在
現在、フィギュアはブームが去りましたが、アメリカンコミック自体はかなり普及し
た感じがします。映画化も順調でここ最近でも、スパイダーマン、X-MEN、ブレイド、
ハルク、パニッシャー、コンスタンティン、ヘルボーイ、バットマンの新作、ファン
タスティック・フォー、ゴーストライダーなどなど、普通にヒットする作品が多いの
は嬉しい限り。
フィギュアも一部でしか取り扱っていなかったりしますが、細々とレベルの高い新作
がDC、マーヴル共々出続けていて、まだコレクションは続けております。
そういえば、アメコミフィギュアに限ったことでは無いのですが、長年集めておりま
して、さすがにあまり手を伸ばしているとキリが無いので、自分なりのコレクション
基準を設けていたりします。
1、可動箇所が多い(今のトイビズはスゴイです。ツマ先や指まで可動!やはりポー
ズを好きなように付けられないと。今のスポーンとか置き物でダメダメです。)
2、ディティール、プロポーション(今のマーヴルレジェンドとかかっこいいっすね
え)
3、ギミック(最近のは本体じゃなくおまけについてて本体のプロポーションを損な
わないようになっていてよろしいのですが、せっかくのキャラの特徴が活かせて無い
という弊害も)
4、ちょうどいいサイズ(5または6インチ限定で集めています。設定で大きいギャラ
クタスとかセンチネルなんかはOK。10インチ物とかは大きさのわりにディティールが
小さいのと変わらなかったり、なにより場所を取るのでダメです。種類も多く無いで
すし)
5、価格(おもちゃなんだから安くないと)

最近気づいたのですが、基本的にフィギュアというよりトイが好きなんでしょうな。
置物はツマランです。ガチャや食玩にいかないのもこれが理由です。遊べないからw

アメリカンコミック物でも、縛りは多少ありまして、基本的にコミックモチーフに限
定しています。以前は集めていたのですが、今では映画物、アニメーション物はよほ
ど気に入った物以外はスルーしています。これもキリ無いですから・・・。

そんなこんなで現在収集しているラインは、トイビズはマーヴルレジェンズとスパイ
ダーマンクラシックス、DC-DIRECTの80年代以降モチーフ物選択で・・・といったと
ころです。
理想は5インチとはいえ、今の造形と可動の極限のバランスはとにかくスバラシイの
一言。

しかし、足かけ十数年のコレクション生活で、部屋ではユニバースが完成しそうなほ
どの状態ですが、まだまだ終わりそうにありませんね。ここまでくると、もう終わっ
て欲しいような欲しくないような・・・

スポンサーサイト
  1. 2005/05/31(火) 01:09:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。